紀要論文 多民族国家における権威主義体制と開発 ― 政治的側面におけるルワンダの「シンガポール・モデル」―

金丸, 裕志

内容記述
 1994年の大虐殺で知られるアフリカの国ルワンダは、近年、経済開発に力を入れており、高い経済成長を実現している。政府は「シンガポール・モデル」を標榜し、東南アジアで高度な経済開発を実現したシンガポールをモデルとしている。しかしモデルとしているのは経済開発だけではない。多民族社会を背景とした権威主義的な政治体制においても両国は類似している。本稿では、政治における両国の類似性に着目し、政治的自由の抑圧と一党支配体制について比較を行う。そして、民主主義と権威主義体制の間に位置するグレイゾーンの政治体制について、そこから導出される理論的示唆を提示する。
本文を読む

https://wayo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1411&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報