Departmental Bulletin Paper 講義収録装置を用いた授業ライブの学内ネットワーク配信による管理栄養士教育向上に関する取り組み ―学内ネットワークを用いての学生への講義ビデオ配信の試み― 平成23(2011)~25(2013)年度和洋女子大学教育振興支援助成成果報告
Attempt of lecture video delivery to students by the intra-university network

柳澤, 幸江  ,  鈴木, 敏和  ,  湊, 久美子  ,  本, 三保子  ,  登坂, 三紀夫  ,  藤澤, 由美子  ,  Yukie, YANAGISAWA  ,  Toshikazu, SUZUKI  ,  Kumiko, MINATO  ,  Mihoko, MOTO  ,  Mikio, TOSAKA  ,  Yumiko, FUZISAWA

Description
本報告は、平成24年・25年度和洋女子大学教育振興支援助成を受けて実施したもので、健康栄養学類での授業における講義収録及び学生への講義ビデオ配信の試みを、その活用実態と学習効果との関連から検討したものである。ここでの講義ビデオとは、講義で用いたパワーポイントデータおよび教員の説明音声と説明ポインター動画を示す。また実習授業収録の場合は、授業中に学生に提示する教員動作動画と説明音声である。 平成24年度に4科目の講義ビデオの配信、平成25年度に10科目の配信を実施した。平成25年度に実施した学生アンケートによって、講義ビデオを活用した学生の人数は科目による差が大きいが、健康栄養学類の1年生は83%、2年生は94%の学生が1年間で1回以上は講義ビデオを活用したことが示された。また、講義ビデオを活用した90%の学生が成績に関係なく、自己の科目理解の向上に有効であったとした。成績と活用状況との関連については、成績Sランクの学生は、その全員が講義ビデオを活用し、すべての回の講義ビデオを活用した者が半数を超えていた。一方低成績者は、講義ビデオを活用しない傾向が高かった。今後、全学的な授業収録・学生配信に向けて、有効かつ活発な活用に向けての環境整備が望まれる。
Full-Text

https://wayo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1084&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information