紀要論文 高速溶媒抽出およびゲル浸透クロマトグラフクリーンアップを用いたホンビノス貝(Mercenaria mercenaria)中微量ピレスロイド系農薬分析法の検討
Analysis of low concentration of five pyrethroid pesticides using an accelerated solvent extraction and a gel permeation chromatography clean-up treatment in the hard clam(Mercenaria mercenaria)

佐藤, 千恵  ,  後藤, 政幸  ,  Chie, SATO  ,  Masayuki, GOTO

55pp.149 - 155 , 2015-03-31 , 和洋女子大学
ISSN:18846351
NII書誌ID(NCID):AA12466848
内容記述
内分泌かく乱作用が懸念されるピレスロイド系農薬の環境生態系への影響を把握することを目的に、貝類中微量ピレスロイド系農薬の分析方法の開発を試みた。ホンビノス貝(Mercenaria mercenaria)を対象に5種ピレスロイド系農薬(ビフェントリン、ペルメトリン、シペルメトリン、フェンバレレート、デルタメトリン)を添加して、微量濃度における回収率(ホンビノス貝中各農薬濃度0.1ppm)および分析の迅速性、クリーンアップ処理の妥当性について検討した。農薬分析の前処理には高速溶媒抽出およびゲル浸透クロマトグラフクリーンアップを採用した。結果、ビフェントリン、ペルメトリン、シペルメトリン、フェンバレレートおよびデルタメトリンの回収率はそれぞれ67、86、76、82および79%であり、「食品中に残留する農薬等に関する試験法の妥当性評価ライン」(平成22年12月厚生労働省医薬食品局食品安全部長通知)に定められた回収率の目標値(70〜120%)のほぼ範囲内であった。また、高速溶媒抽出により分析時間の短縮等有効な抽出ができ、ゲル浸透クロマトグラフクリーンアップ法を取り入れたことでガスクロマトグラフ/質量分析時の夾雑物質による検出器等の汚染や定量感度の低下が解消された。
本文を読む

https://wayo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1080&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報