Departmental Bulletin Paper りんごに塗布した5種ピレスロイド系農薬の残留性に関する評価―経時的観察および水洗・ふきとりによる除去効果―
Evaluation of five pyrethroid pesticides applied over eating apples-Effects of water wash or mechanical removal with temporal observation-

後藤, 政幸  ,  佐藤, 千恵  ,  間中, 友美  ,  中島, 肇  ,  Masayuki, GOTO  ,  Chie, SATO  ,  Yumi, MANAKA  ,  Hadjime, NAKAJIMA

Description
りんごに5種ピレスロイド系農薬(ビフェントリン、ペルメトリン、シペルメトリン、フェンバレレート、デルタメトリン)を低濃度(残留基準濃度;0.5ppm)塗布後、室温・明所下で7日間保存した。保存1日後、4日後、7日後に可食部について残留農薬濃度を分析した。結果、Ⅰ型ピレスロイド(ビフェントリン、ペルメトリン)は保存1、4、7日後にそれぞれ0.26、0.12、0.06ppm、Ⅱ型ピレスロイド(シペルメトリン、フェンバレレート、デルタメトリン)は0.44、0.37、0.35ppmに減少した。1日間および7日間保存のりんごについて、果皮および果肉に分けて残留農薬の分析を行った結果、果肉は7日間保存の試料にだけⅡ型農薬(シペルメトリン、フェンバレレート、デルタメトリン)が微量検出され、果肉中農薬量/果皮中農薬量の割合は3.0~4.9%であった。 次いで、りんご果皮に付着している農薬の除去法について検討した。りんごに同様の低濃度農薬を塗布して、水洗およびふきとり操作を行った。可食部について農薬分析を行った結果、水洗操作では5種ピレスロイド系農薬の残留率は93~99%、ふきとり操作では22%~42%であり、水洗による農薬除去は期待できなかったが、ふきとりは農薬除去に有効であった。
Full-Text

https://wayo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1078&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information