紀要論文 保育環境知識に関する語想起課題の検討―実習経験の有無による比較―
Verbal Fluency Tasks Related to Knowledge of Childcare Environments:The Role of Practical Experience

大神, 優子  ,  Yuko, OHGAMI

55pp.99 - 107 , 2015-03-31 , 和洋女子大学
ISSN:18846351
NII書誌ID(NCID):AA12466848
内容記述
保育者としての学習段階をはかる簡便な指標を作成するため、制限時間内にできるだけ多くの単語を挙げる語想起課題の手法を用いて、実習経験あり群(保育者養成課程3年生43人)と実習経験なし群(非養成課程3年生37人)の回答を比較した。課題は、保育環境(保育室・園庭)と、統制課題の動物・音韻カテゴリ(か)の計4種類であった。実習経験者は、保育室・園庭ともより多くの単語を想起したが、これらの単語の平均親密度は両群間で差がなく、実習経験者では一般的な用語の範囲内で知識構造が変化していることが示唆された。また、内容分析から、実習経験者は、子ども目線からの玩具等だけではなく、ふきん等の日用品も想起しており、保育者として多角的な視線で想起していることが示唆された。両群とも保育室の方が園庭よりも多くの単語を想起していた。引き続き、実習前後やベテラン保育者と実習生との比較等が必要であるが、保育環境に関する知識の指標として、語想起課題は一定の有効性が示された。
本文を読む

https://wayo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1075&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報