Departmental Bulletin Paper 「アラブの春」に対する民主化支援の検証
Examining Democracy Support in the ‘Arab Spring’\n

杉浦, 功一  ,  Koichi, SUGIURA

Description
本稿では、2011年の「アラブの春」といわれる政治変動の前後での、国際アクターによる民主化を目的とした関与を検証する。本稿では、まず、民主化の現況についてまとめる。続いて、国際アクターとして特にアメリカとEU、国連を取り上げ、それらのチュニジア、エジプト、リビア、イエメン等への近年の関与について、その戦略と実施内容、効果、そうなった理由を検証する。
Full-Text

https://wayo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1070&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information