紀要論文 乳幼児期の発達や学びの評価の検討 : 言葉の領域に焦点をあてて
An Evaluation of the Assessment Measures of Learning and Development in Early Childhood: Focus on the Domain of Language

樟本, 千里  ,  岩立, 京子  ,  西坂, 小百合  ,  松井, 智子  ,  岩立, 志津夫

内容記述
本研究は、幼児教育の成果の質を教育評価として取り上げることをねらいに、米国のカリフォルニア州において使用されている「望ましい結果の発達プロフィール」の一部を使用し、各年齢における評価の特徴や保育者の直観的評価との関係を示すことで、その可能性について検討することを目的とした。0歳児から5歳児までの342名を対象に、子どもの遊びの姿の記録から担任保育者が評価した。調査項目は「言葉とリテラシーの発達」領域を取り上げた。分析の結果、子どもの年齢が上がるにしたがっていずれの項目も発達水準が上がっていくことが示された。また、子どものコミュニケーション能力についての保育者の直感的評価が高ければ、「言葉とリテラシーの発達」の項目も高く評価されることが示された。今後は、この評価をもとにして教育プラグラムを計画し実践していくことが可能かについて検討していくことが求められる。
In this study, the evaluation system used in preschool education was explored.The goal was to clarify the relationship between developmental characteristics according to age and teachers' intuitive evaluation. Three hundred and forty-two children(aged between 0-5years)from 16 preschools participated in this study. The teachers evaluated the children based on their record of play behavior in preschool. A part of the “Desired result Developmental Profile(California, US)” was used as the assessment instrument; the investigation assessment measure was part of “Domain : Language and Literacy Development”. The results demonstrated that the evaluation of each assessment item was higher with the age of the increasing age of the child. When the intuitive evaluation of the teachers on the communicative competence of the child was high, all assessment items of “Language and literacy Development” were also highly evaluated.
本文を読む

https://oka-pu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2242&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報