紀要論文 高齢入院患者の家族が評価するスピリチュアルケア評価の構成概念妥当性の検討
Construct Validity of a Spiritual Care Evaluation Scale for the Familiesof Elderly Hospital Patients

實金, 栄  ,  井上, かおり  ,  小藪, 智子  ,  白岩, 千恵子  ,  岡本, 宣雄  ,  竹田, 恵子

内容記述
本研究は、看護師が行うスピリチュアルケアについて、患者家族が評価できる尺度を開発することを目的とした。 調査対象は医療療養型病床および介護療養型医療施設に入院する65歳以上の患者の家族295人。分析対象は評価項目に欠損値のない71 人とした。統計解析では、スピリチュアルケア評価尺度(22項目)の因子モデルとして一次因子を「基本的ケア」「スピリチュアリティの表出を支えるケア」「患者との関係保持」「他者との関係保持」の4因子、二次因子を「スピリチュアルケア」とした4因子二次因子を仮定し、そのモデルのデータへの適合度を確認的因子分析により検討した。結果、適合度指標CFI=0.996、RMSEA=0.035であった。なお信頼性はω信頼性係数を算出したところ0.962であった。 4因子二次因子モデルを仮定した、高齢入院患者の家族によるスピリチュアルケア測定尺度の構成概念妥当性の適合度指標は統計学的許容水準を満たしていた。このことは因子構造の側面から見た構成概念妥当性が検証されたことを意味する。また本尺度の信頼性も適切な数値を示していた。
This study developed a scale for patients’ families to evaluate the spiritual care provided bynurses. Subjects for the survey used in the study were 295 family members of patients over the age of 65 who were admitted for medical care in sanatoriums ward hospital or medical long-term care sanatoriums. There were 71 subjects with complete information for analysis. In the statistical analysis, we assumed a 4-factor secondary model of the primary spiritual care evaluation scale (22 items); there were four primary factors:“Basic care,”“To support patients and families to express their feelings,”“To sustain relationship with patient,”and“To sustain relationship between others.”The secondary factor was“spiritual care.”Goodness of fit to this model’s data was examined by confirmatory factor analysis. Results revealed CFI = 0.996 and RMSEA = 0.035. Note that the reliability coefficient ω revealed a reliability of 0.962. The goodness of fit index for the construct validity of the evaluation scale met the acceptable statistical level. This indicates that construct validity from the perspective of factor structure was verified. In addition, appropriate values were found for this scale's reliability.
本文を読む

https://oka-pu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2238&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報