Departmental Bulletin Paper 高齢2型糖尿病患者の自我発達を促す援助
Nursing Care of facilitate Ego Development for the Aged type 2 diabetes

笹邊, 順子  ,  住吉, 和子  ,  中山, 法子

Description
重篤な合併症を有する高齢2 型糖尿病患者に自我発達を促す援助を提供し、その後の患者と看護師の変化を明らかにすることを目的とする。O 病院で、実習生として70 歳代後半のA 氏を担当した。医療者と家族とA 氏の間に距離があり、医療者に対して批判的に捉えているA 氏に対して、自我発達を促す援助を計画的に提供した。毎日5 分から20 分という短時間の訪室にもかかわらず、看護師との信頼関係を構築することが可能になった。身体の状況を正確に捉えることができ、それまでの生活を省察することで、「妻とは仲良くやっていきたい」と、将来への展望を言葉で表現することが可能になった。「自我を脅威にさらさない援助」「自己肯定促進の援助」の提供により患者-看護者間の信頼関係が構築され、「自己理解促進への援助」に繋がっていた。
Full-Text

https://oka-pu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1989&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information