紀要論文 在宅で高齢者を介護する家族のソーシャル・ネットワークの類型化と その特徴
Classification and description of social network in family caregivers caring for the frail elderly at home

桐野, 匡史  ,  出井, 涼介  ,  松本, 啓子

内容記述
本研究は、家族介護者支援に向けた基礎資料を得ることをねらいに、在宅で高齢者を介護する家族のソーシャル・ネットワークを類型化し、その特徴について明らかにすることを目的とした。A 県内の居宅介護支援事業所(53 事業所)を利用する家族介護者287 名に対し、無記名自記式の調査を実施した。調査内容は、家族介護者および要介護者等の基本属性等およびソーシャル・ネットワークで構成した。クラスター分析の結果、家族介護者のソーシャル・ネットワークのタイプは「平均型」、「孤立型」、「充足型」の3 つに類型化された。とりわけ、「孤立型」は「充足型」と比較して、男性介護者の占める比率が高く、社会参加活動が低く、現在の暮らし向きが不良であった。今後は、社会的に孤立しやすい家族介護者への支援の拡充が求められる。
本文を読む

https://oka-pu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1314&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報