Departmental Bulletin Paper 地域在住の高齢血液透析患者のスピリチュアリティへの関連要因の検討
The Related Factor to Spirituality of Community-dwelling Old Adults to Receive Hemodialysis Treatment

楠木, 麻子  ,  為房, 夢子  ,  関水, 千紘  ,  井上, かおり  ,  竹田, 恵子  ,  實金, 栄

Description
本研究は、在宅で生活する高齢血液透析患者のスピリチュアリティへの関連要因を検討することを目的とした。調査は65 歳以上の血液透析療法を受ける患者420 人を対象として質問紙調査を行い、調査項目に欠損の無い148 人を分析対象とした。調査項目は、性、年齢、透析継続年数、同居家族の有無、原疾患の糖尿病性腎症の有無、主観的健康観、K6、認知的社会支援、病気関連不安認知、コーピングとした。統計解析はスピリチュアリティへの関連要因を重回帰分析により検討した。その結果、糖尿病性腎症の有無、主観的健康観、提供的情緒的社会支援、受領的情緒的社会支援、調整型コーピングがスピリチュアリティに関連していた。本研究により、スピリチュアリティへの関連要因が明かになったことから、これらの変数に着目した看護介入を今後検討していきたい。
The purpose of this study is to examine the related factors to spirituality of elderly patients who come to the facilities from home to have hemodialysis treatment. Analysis targets were 148 patients over 65 years old on hemodialysis. Statistical analysis was done with multiple regression analysis of the relevant factors to spirituality. As a result, diabetic nephropathy, subjective health condition, active and emotional social support, passive and emotional social support and the adjustment type coping were related to spirituality.
Full-Text

https://oka-pu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1308&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information