紀要論文 ウェブクラス予習課題導入による授業改善

土橋, 和之

内容記述
新入生に対する授業で予習、復習の習慣を付けさせることを目的としてWebClassを利用してオンラインの予習課題および授業資料配布を行った。全15回中12回の授業で予習課題を導入したところ、その実施率はトータルで94.1%になった。授業後の学生アンケートでもWebClassによる予習課題、授業資料配布ともおおむね好評であり、今後の継続を望む声が多かった。予習課題を行った回数が多いグループの学生は少ないグループよりも定期試験の成績が高かった。学生たちは自宅におけるPCと外出先、学校におけるスマートフォンを使い分けて予習、復習を行っていた。学生のほとんどがスマートフォンをもつようになった現在、ウェブツールの授業への導入はますます有効になっていると思われる。
本文を読む

https://sojo-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=956&item_no=1&attribute_id=23&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報