紀要論文 主体的・対話的で深く学ぶ図画工作科授業の構想
To study deep learning methods for art classes through actve and interactive activities

関山, 均  ,  セキヤマ, ヒトシ  ,  Sekiyama, Hitoshi

36 ( 4 )  , pp.13 - 24 , 2018-02-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
ISSN:13466321
NII書誌ID(NCID):AA11572329
内容記述
平成29年3月31日に新しい学習指導要領が公示され、小学校図画工作科の授業においても質的改善が求められている。本稿では、小学校教員の免許を修得する学生への指導を目的として、今回の改訂の趣旨を踏まえ、これまで小学校教員としての36年間に実践研究してきた図画工作科の授業を生かしながら、新しい学習指導要領に則した授業を構想することとした。
The Ministry of Education's new guidelines were made public on March 31st, 2017. Within the new guidelines there is an urge to increase the quality of arts and crafts classes.This report aims to improve the expertise of education students inaccordance with the newMinistry of Education guidelines. This report also aims to conceive of new avenues of approachin regards to the teaching of arts and crafts classes by utilizing the thirty-six years worth of research and practical knowledge.
本文を読む

http://lbr.iuk.ac.jp/bitstream/123456789/3929/1/13466321_v36_4_Sekiyama.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報