紀要論文 老年看護学実習における大学生の睡眠と気分の変化 : カンファレンス前後の比較
The change of sleep and mood of university students in gerontological nursing practice : compare before and after the confernce

上田, 雪子  ,  ウエダ, ユキコ  ,  Ueda, Yukiko

36 ( 4 )  , pp.1 - 11 , 2018-02-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
ISSN:13466321
NII書誌ID(NCID):AA11572329
内容記述
本研究の目的は、老年看護学実習における大学生の睡眠と気分の変化を明らかにすることであった。カンファレンス前と後で睡眠一覚醒リズムと気分の変化を比較した。その結果、カンファレンス前後は睡眠不足と睡眠の質の低下がある。カンファレンス前後は平日の睡眠不足を週末に補っている。カンファレンス前後の気分は健康な状態である。カンファレンス前後は睡眠不足による身体的な負荷が加わり疲労が蓄積しやすい。そのため適切な手段でストレス状態を解消できるようにすることや良質な睡眠をとることができるように支援する必要性が示唆された。
The purpose of this study was to clarify the change of the sleep and the mood of the university student in geriatric nursing practice. Sleep before and after the conference-the Awakening Rhythmand mood changes were compared.As a result, there is a decrease in sleep deprivation and quality of sleep before and after the conference. The weekend before and after the conference is compensated for the lack of sleep on weekdays. The mood before and after the conference is in a healthy state. The physical load due to the lack of sleep before and after the conference is easy to accumulate fatigue. Therefore, it was suggested that it was necessary to help the stress condition be able to be solved by an appropriate means and to be able to get good sleep.
本文を読む

http://lbr.iuk.ac.jp/bitstream/123456789/3928/1/13466321_v36_4_Ueda.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報