紀要論文 アルコール臨床のサポートグループに関わるスタッフの経験
The lived experience of staff of a support group in alcholism care

岡田, 洋一  ,  石井, 宏祐  ,  松元, 宏明  ,  岡田, 明日香  ,  オカダ, ヨウイチ  ,  イシイ, コウスケ  ,  マツモト, ヒロアキ  ,  オカダ, アスカ  ,  Okada, Yoichi  ,  Ishii, Kosuke  ,  Matsumoto, Hiroaki  ,  Okada, Asuka

36 ( 2 )  , pp.41 - 51 , 2017-10-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
ISSN:13466321
NII書誌ID(NCID):AA11572329
内容記述
本研究は、アルコール臨床におけるサポートグループに関するスタッフの経験を、半構造化面接法によるインタビュー調査を通して明らかにすることを目的としている。アルコール依存症患者を主たる対象としたサポートグループに、スタッフとして参加経験のある看護師1名が調査対象者であった。現象学的分析の結果、調査対象者のサポートグループにまつわる経験が叙述された。参加メンバー、スタッフ、ファシリテーターが分け隔てなく参加する場にサポートグループがなっており、メンバーにとってはもちろんスタッフにとっても貴重な場と感じられていた。スタッフとして感情が揺さぶられるときも、サポートグループという場を守るために感情をコントロールすることができていた。回復を続けるアルコール依存症患者に出会うことのできるサポートグループは、スタッフにとって回復の希望につながる場となっていることが示唆された。
The purpose of this study is to examine the lived experiences of staff involved in a support group for alcoholism care using semi-structured interviews.One nurse who had served as a staff member of an alcoholism support group was recruited as the sole participant in this study. Interview data were analyzed using a phenomenological approach. The participant's experiences of the support group were described and considered as follows.This particular support group was organized such that members, staff, and facilitators participated without distinction. For the participant, it was a place where they could interact with patients from the same line of sight.In fact, the participant felt that the support group helped promote one's growth, enabling one to interact with others on the same level. Staff often experienced unstable emotions, and the participant felt that such emotions should be controlled in order to protect the integrity of the support group.For the participant, the support group was a place where they could encounter people with alcoholism who showed continual recovery, which was inspiring. The support group seemed a place to recover hope.
本文を読む

http://lbr.iuk.ac.jp/bitstream/123456789/3842/2/13466321_v36-2_Okada ... [et. al].pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報