Departmental Bulletin Paper アルコール臨床におけるサポートグループについての検討 : サポートグループに参加する当事者の語り
Support groups for alcoholism care : narrative of a person with alcohol dependency participating in support groups

岡田, 洋一  ,  オカダ, ヨウイチ  ,  Okada, Yoichi

36 ( 2 )  , pp.31 - 39 , 2017-10-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
ISSN:13466321
NCID:AA11572329
Description
本研究では、サポートグループがアルコール依存症者にとってどういう場であるのか、また、グループの構成メンバーでもあるアルコール依存症者は、サポートグループにどのように参加しているのか、参加メンバーの語りからその経験を明らかにすることを目的とした。アルコール依存症からの回復を続ける男性1名が調査対象者であり、半櫛造化面接法によるインタビューを実施し、KJ法を参考にした分析を行った。その結果、逐語データから51枚のカードが得られた。続いて、23個の小グループ、10個の中グループ、7つの大グループに分類された。また、各グループ間の関連も図式化された。結果から、サポートグループへ参加する当事者の視点を通してサポートグループにおける当事者と援助者の参加の仕方が明らかになった。援助者が支配的ではないこと、援助者が自分自身の事を発言するということ、援助者と当事者とのより対等な関係が当事者の自由な語りを生み出していることが示唆された。そして、スタッフは、高い専門性を持ちつつ、それぞれの役割から敢えて降りることで、当事者の回復に貢献していることが考えられた。
The purpose of this study is to examine the experience of an alcoholism support group member using semi-structured interviews. The participant in this study was a man who was recovering from alcoholism. The verbatim interview transcripts were analyzed qualitatively according to the KJ method. The analysis of the interviews yielded 51 codes, which were in turn grouped into 23 small categories, 10 medium categories, and 7 major categories.The results indicated that support group staff were not domineering and often talked about themselves. A more equal relationship between the staff and members encouraged the staff and members to talk more freely. Staff contributed to the recovery of people addicted to alcohol by daring to let go of the established roles expected of specialists while still demonstrating their expertise.
Full-Text

http://lbr.iuk.ac.jp/bitstream/123456789/3841/2/13466321_v36-2_Okada_p.31.pdf

Number of accesses :  

Other information