紀要論文 認知症高齢者へのタクティールケアのリラックス効果の検証
Evaluation of the relaxation effect of the tactile care to dementia elderly

上田, 雪子  ,  石川, 恵子  ,  弘重, 直美  ,  松村, 和枝  ,  磯中, 小夜子  ,  長廣, さおり  ,  佐々木, 美佳  ,  ウエダ, ユキコ  ,  イシカワ, ケイコ  ,  ヒロシゲ, ナオミ  ,  マツムラ, カズエ  ,  イソナカ, サヨコ  ,  ナガヒロ, サオリ  ,  ササキ, ミカ  ,  Ueda, Yukiko  ,  Ishikawa, Keiko  ,  Hiroshige, Naomi  ,  Matsumura, Kazue  ,  Isonaka, Sayoko  ,  Nagahiro, Saori  ,  Sasaki, Mika

36 ( 2 )  , pp.17 - 29 , 2017-07-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
ISSN:13466321
NII書誌ID(NCID):AA11572329
内容記述
本研究の目的は、認知症高齢者へのタクティールケアのリラックス効果を検証することであった。タクティールケア前後の生理的指標と心理的指標を比較した結果、脈拍数の減少、収縮期血圧値の低下、経皮的動脈血酸素飽和度の上昇、リラックス度の上昇、身体的反応【心地よかった】【温かくなった】【リラックスした】【眠気を催した】、心理的反応【穏やかになった】【積極性が増した】を認めた。よって、認知症高齢者へのタクティールケアは、副交感神経機能によるリラックス効果、睡眠効果、情緒の安定の可能性が示唆された。また、介護福祉士と対象者との相互作用が起きている可能性が考えられる。
The purpose of this study was to verify the relaxing effect of tactile care of the elderly with dementia. Comparison ofphysiological indices and psychological indices before and after the treatment, decrease in pulse rate, decrease in systolicblood pressure value, the rise of the percutaneous arterial oxygen saturation, the rise of the relaxation degree, the physicalreaction [comfortable] [warm] [relaxing] [got sleepy], the psychological reaction [became calmer] [increased aggressiveness] admitted. Therefore, the possibility of the relaxation effect by the parasympathetic function, the sleep effect, and the emotional stability were suggested by tactile care to the elderly person of the dementia. In addition, it is possible that the interaction between the care worker and the target person is happening.
本文を読む

http://lbr.iuk.ac.jp/bitstream/123456789/3840/2/13466321_v36_2_Ueda ... [et. al].pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報