Departmental Bulletin Paper キャラクター・エデュケーションと性教育 : アメリカにける自己責任教育プログラム(PREP)についての一考察
Character education and sex education : a study of the Personal Responsibility Education Program in the United States

帖佐, 直人  ,  チョウサ, ナオト  ,  Chosa, Naoto

36 ( 1 )  , pp.33 - 42 , 2017-07-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
メリカにおける若年妊娠・出産(personal responsibility education program, PREP)は、若者の重大なリスク行動として多大な関心が払われてた。ところがこうした問題行動は、ここ30年ほどで大幅な減少傾向にあることが統計的に明らかになっている。このような、アメリカにおける若年妊娠・出産の減少傾向は、学校等で実施される性教育の充実・発展と無関係ではない。と言うのも、2010年代に入るとアメリカでは、オバマ政権下で自己責任教育プログラム(personal responsibility education program, PREP)が推進されることになるのだが、この自己責任教育こそが若年妊娠・出産の予防において重要な役割を果たしていると考えられるのである。そこで本稿では、この自己責任教育の概要について述べたうえで、幾つかのそのプログラムの実際を分析し、その特徴及び今後の課題について整理・検討していく。
In the United States, great interest has been paid to teen pregnancy and childbirth as serious risk-taking behaviors of theyouths. However, it becomes clear statistically that these problematic actions are showing a tendency to decrease for thesepast 30 years in America, and this tendency is not unrelated to enhancement and development of the sex education carriedout in schools and others. It is because, in the U.S., the personal responsibility education program (PREP) was promotedunder the Obama administration and it is thought that this education program plays an important role in the prevention ofadolescent pregnancy. So in this paper, I (i) overview the personal responsibility education program, (ii) analyze severalcurricula of this program, and (iii) examine its characteristics and future tasks.

Number of accesses :  

Other information