紀要論文 開聞岳の植物
Plants of Kaimondake

木戸, 伸栄  ,  キド, ノブヨシ  ,  Kido, Nobuyoshi

36 ( 1 )  , pp.79 - 88 , 2017-07-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
ISSN:13466321
NII書誌ID(NCID):AA11572329
内容記述
開聞岳は、薩摩半島の南に位置し、標高は924mである。円錐形の山容をしているので高度毎に植物を観察することにした。高度毎に多く見られる植物は、100m付近ではクロマツ、230m付近ではタブノキ、300m付近ではイタジイ、600m付近ではアカガシ、山頂付近ではツクシイヌツゲとヒサカキであった。  調査日:2003年10月18日 2016年3月28日
Kaimondake is located the south of Satsuma Penisula, and altitude is 924m.I decided to observe an appearance class every altitude because I did aconic figure of a mountain. The plant which was seen a lot every altitude at around 100m at Pinus thunbergii, around 230m at Persea thunbergii, around 300m at Castanopsis sieboldii, around 600m at Quercus acuta, the mountaintop at Ilex crenata var.fukasawana and Eurya japonica.
本文を読む

http://lbr.iuk.ac.jp/bitstream/123456789/3820/2/13466321_v36_1_Kido-Kaimondake.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報