Departmental Bulletin Paper 奄美大島の植物
Plants of Amamiooshima

木戸, 伸栄  ,  キド, ノブヨシ  ,  Kido, Nobuyoshi

34 ( 4 )  , pp.51 - 73 , 2016-02-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
ISSN:13466321
NCID:AA11572329
Description
奄美大島は、鹿児島市から南へ約380kmの海上に位置し、面積712.39km²、最高標高は湯湾岳(694m)である。7回の調査で、130科502種(シダ植物15科51種、裸子植物7科7種、被子植物双子葉92科342種、被子植物単子葉16科102種)を観察した。特記すべき植物は住用のマングローブ林や山中に見られるヒカゲヘゴの群生、オキナワウラジロガシ、サガリバナ、高地のヒメカカラ、アマミフユイチゴ、マメヒサカキがある。 調査日:2013年4月27日~28日 2015年1月25日~26日 2015年4月6日 2015年9月12日~13日
Plants of Amamiooshima are 130 family 502 species (Pteridophyta 15 family 51 species, Gymnospermae 7 family 7 species, Dicotyledoneae 92 family 342 species, Monocotyledoneae 16 family 102 species) in four investigationSpecial plants are a mangrove forest, gregarious plants of Cyathea lepifera, Quercus miyagii, Barringtonia racemosa,Smilax biflora, Rubus amamianus, Eurya emarginata var. minutissima
Full-Text

http://lbr.iuk.ac.jp/bitstream/123456789/3123/2/13466321_v34_4_Kido-Amamiooshima.pdf

Number of accesses :  

Other information