紀要論文 屋久島の植物
Plants of Yakushima

木戸, 伸栄  ,  キド, ノブヨシ  ,  Kido, Nobuyoshi

34 ( 3 )  , pp.33 - 50 , 2015-12-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
ISSN:13466321
NII書誌ID(NCID):AA11572329
内容記述
屋久島は鹿児島県大隅半島の南西約60kmの海上に位置し、面積は504.88km²で円形に近い形をした島である。島の中央部の宮之浦岳(1,936m)を含む屋久島自然林や西部林道付近などはユネスコ世界遺産に登録されている。植物がよく繁茂しており、西部林道ではヤクザルやヤクシカを観察できた。屋久島の低地では、アコウ、ガジュマル、マルバニッケイ、メヒルギ(栗生)が、それから上の600m位まではスダジイ、ウラジロガシ、マテバシイ、サクラツツジ、ミミズバイなどが見られる。さらにその上部の1,000m~1,600m位まではイスノキ、スギが多く見られ、山頂付近はヤクシマダケ、ヤクシマシャクナゲが生えている。調査は白谷雲水峡、屋久島一周道路、淀川登山口~花之江河~黒味岳山頂、栗生海岸、春田浜で行った。2回の調査で、116科346種の植物(シダ植物15科38種、裸子植物7科10種、双子葉植物80科236種、単子葉植物14科62種)を観察した。特記すべき植物として、スギ、ビャクシン、ヤクタネゴヨウ、ツゲ、ヤクシマサルスベル,メヒルギ、イソマツがある。 調査日:2014年11月22~24日 2015年4月25~27日
Yakushima is an island of the world heritage.Plannts of Yakushima are 116 family 346 species (Pteridophyta 15 family 38 species, Gymnospermae 7 family 10species, Dicotyledoneae80 family 236 species, Monocotyledoneae 14 family 62 species) in twice investigationSpecial plants are Cryptomeria japonica, Juniperus chinensis, Pinus armandii var. amamiana, Buxus microphylla var.japonica, Lagerstroemia subcostata var. fauriei, Kandelia candel, Limonium wrightii f. arbusculum
本文を読む

http://lbr.iuk.ac.jp/bitstream/123456789/3052/1/13466321_v32_3_Kido-Yakushima.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報