紀要論文 口永良部島の植物
Plants of Kutinoerabujima

木戸, 伸栄  ,  キド, ノブヨシ  ,  Kido, Nobuyoshi

34 ( 2 )  , pp.75 - 94 , 2015-10-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
ISSN:13466321
NII書誌ID(NCID):AA11572329
内容記述
口永良部島は屋久島の西方12kmに位置する。海岸線長49.67km、面積38.04km²、最高標高657m、(古岳)である。2014年8月3日に34年ぶりに噴火し、現在火口半径2km以内は警戒レベル3で入山規制がなされていた。そのため今回の調査は火口半径2km以外のひょうたん型の突き出た半島を主に調査を行った。この調査で、101科280種の植物(シダ植物9科25種、裸子植物5科5種、双子葉植物71科185種、単子葉植物16科65種)を観察した。シカとヤギによる食害が広くみられた。 調査日:2015年5月3~5日
Plants of kutinoerabujmaare 101 family 280 species (Pteridophyta 9 family 25 species, Gymnospermae 5 family 5 species, Dicotyledoneae 71 family 180 species, Monocotyledoneae 16 family 65 species) in this investigation.The feeding damage due to the goat is thought to be a deer widely.
本文を読む

http://lbr.iuk.ac.jp/bitstream/123456789/3049/2/13466321_v34_2_Kido-Kutinoerabujima.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報