Departmental Bulletin Paper アルコール臨床における医療的支援と非医療的支援の重なり : アルコールリハビリテーションプログラムとセルフヘルプグループに着目して
Overlapping of medical care and non-medical care in support for alcoholism : the alcoholic rehabilitaion program and self-help group

岡田, 洋一  ,  オカダ, ヨウイチ  ,  Okada, Yoichi

34 ( 2 )  , pp.31 - 43 , 2015-10-01 , 鹿児島国際大学福祉社会学部
ISSN:13466321
NCID:AA11572329
Description
アルコール臨床は医療から始まったが、医療は永らく有効な治療方法が見いだせなかった。アルコホリズムからの有効な回復方法については、むしろ当事者であるアルコホーリクスが先に気づき、次第にセルフヘルプグループ(SHG)として大きく成長していった。このプロセスには常に少数であるが熱心な医師たちの協力が欠かせなかった。すなわちアルコール臨床において医療的支援は、まず非医療的支援の確立の後方支援から始まった。そして次にSHGに学びながら医療としてのアルコールリハビリテーションプログラム(ARP)を開発し、徐々にARPはSHGから独立していくことになる。本論では、この医療的支援と非医療的支援の重なりに着目し、その変遷を概観し、ARPの有効性を確認するとともに、ARPが独立によってSHGを軽視していくのではなく、有期限の支援としての医療的支援と、生涯にわたる無期限の支援としての非医療的支援の協働という形をとる必要性を主張した。
In this study, we focused on the overlap between medical care and non-medical care in support for alcoholism, and reviewed its challenges.The support for alcoholics began with medical care, but medical care providers could not provide treatment for individuals with alcoholism that had long-term efficacy. The persons who formulated an effective way for recovery from alcoholism were those with alcoholism themselves. They organized a self-help group (SHG) for recovery in cooperation with some dedicated doctors who assisted in the group's growth and development.In this way, medical care started by logistic support to establish non-medical care, and then, learning from the SHG, theydeveloped an alcoholism rehabilitation program (ARP) as a medical treatment. Since then, gradually, the ARP has become an established component of medical treatment.As a result we emphasize the necessity for corporation between medical care as support with definite term and non-medical one as indefinite support in a life-long term.
Full-Text

http://lbr.iuk.ac.jp/bitstream/123456789/3046/2/13466321_v34_2_Okada.pdf

Number of accesses :  

Other information