Departmental Bulletin Paper 助走の方法がバレーボールのスパイク跳躍高に与える影響
Various approaches’ influence on height of volleyball spike jump

髙梨, 泰彦

45pp.171 - 184 , 2018-03 , 京都産業大学
ISSN:1348-3323
NCID:AA11923897
Description
 本研究の目的は,バレーボールにおけるスパイク跳躍高を増大させるための助走条件を明らかにすることである。助走の歩数,歩幅,跳躍時における腕の振込み動作の3 要因について,それぞれ条件を変化させ,跳躍高を調べる実験を実施した。被験者はC 大学に所属する大学男子バレーボール選手17 名であった。本研究の結果以下のことが明らかになった。 ① 跳躍高を大きくするためには助走歩数は3 歩が有効であり,歩数を少なくすると跳躍高は低下する。 ② 助走の歩幅は身長の100%程度の時に最も跳躍高が大きくなった。以下75%歩幅,50%歩幅であり,歩幅が小さくなると跳躍高が低下する傾向にあった。 ③ 腕の振込み動作によって跳躍高は増大することが明らかとなった。特にバックスイング動作が重要で,バックスイング動作を伴った腕振り動作のときに最も跳躍高が大きくなった。
Full-Text

https://ksu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10080&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information