Departmental Bulletin Paper 近世鹿苑寺における信仰と美術 : 諸資料の精査と遠忌記録についての考察を中心に
Faith and Art in Rokuon-ji Temple in the Early Modern Period : A Careful Examination of Various Materials and Records of Anniversaries

吉田, 卓爾

51pp.418 - 387 , 2018-03 , 京都産業大学
ISSN:0287-9727
NCID:AN0006019X
Description
 京都の北山にある鹿苑寺は、開基足利義満、勧請開山夢窓疎石とする禅の名刹である。しかし、鹿苑寺に現存する頂相・墨蹟を初めとした什物の伝来や性格には不明な点が多い。近年、禅文化との関わりが指摘される奇想なる美術への関心が高まる一方で、禅宗寺院における信仰の姿に目が向けられる機会は少なく、とりわけ、近世鹿苑寺における信仰と美術作品との関係について取り上げた研究は皆無に等しい。本稿では、第一に諸資料を精査し、鹿苑寺に現存する什物の伝来過程や使用方法についての情報を広く収集する。第二に、第一の成果に基づき、特に遠忌記録における什物の使用例に着目し、本山相国寺の状況とも比較しながら、諸々の什物が備える機能や役割について考察する。以上の成果を踏まえて、最後に近世鹿苑寺における信仰の在り方と変遷についてまとめることとする。
Full-Text

https://ksu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10069&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information