紀要論文 平和安全法制における自衛隊の法的地位 : 国際法と国内法との狭間で

岩本, 誠吾

51 ( 3/4 )  , pp.517 - 544 , 2018-01 , 京都産業大学法学会
ISSN:0286-3782
NII書誌ID(NCID):AN00099344
内容記述
目次1.はじめに2.自衛隊の法的地位 1) 国際法の視点 2) 国内法の視点 3) 国際法と国内法の矛盾3.国際法から見た平和安全法制 1) 兵站業務 2) 米軍等の武器防護 3) 自衛官の捕虜待遇4.まとめにかえて― 日本の取るべき法政策 1) 国際法における義務違反の回避と権利の確保 2) 軍事的劣勢からの脱却
本文を読む

https://ksu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=9956&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報