紀要論文 京都産業大学の内部質保証システム2010-2016 : その全学的体制の構築と運営にかかる7 年間の歩みを振り返る
Internal Quality Assurance in Kyoto Sangyo University : Its Implementations in 2010-2016 and Beyond

佐藤, 賢一  ,  中, 良子  ,  山田, 正和  ,  芝野, 剛士

7pp.1 - 11 , 2017-03-31 , 京都産業大学
ISSN:2186-2907
NII書誌ID(NCID):AA12529799
内容記述
 2004(平成16)年から、日本のすべての大学は、文部科学大臣が認めた認証評価機関による大学評価(以下「認証評価」という。)を受審することが学校教育法により義務付けられた。認証評価は7 年サイクルで実施されている。京都産業大学(以下「本学」という。)は公益財団法人大学基準協会(以下「大学基準協会」という。)の第1 期目の認証評価を2009(平成21)年度に受審し、適合の評価を受けた。そして2016(平成28)年度に第2 期目の認証評価を受審し、現在は評価結果の確定を待っている段階にある(2016 年11 月30 日現在)。第2 期目の認証評価では、大学が「内部質保証システム」を構築すること、すなわち大学が自ら自己点検・評価を実質的に機能させ「質の保証」と「質の向上」を図るしくみをもつことが求められている。本稿では、本学における内部質保証システムの全学的体制の構築と運営にかかる歩みについて、第1 期目の認証評価受審後から2016(平成28)年度までの自己点検・評価活動の取組を実践報告として全学および学外に広く共有する。
本文を読む

https://ksu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2462&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報