紀要論文 関係の規則としての法 : サヴィニー『現代ローマ法体系』に採用されなかった法概念(2 完)

耳野, 健二

51 ( 1 )  , pp.45 - 69 , 2017-04 , 京都産業大学法学会
ISSN:0286-3782
NII書誌ID(NCID):AN00099344
内容記述
第1章 問題の所在とその意義第2章 §. 52の成立過程の概要とベトマン=ホルヴェークによる評価第3章 ベトマン=ホルヴェークによる法の宗教的基礎づけとその帰結(以上50巻1・2号)第4章 第1草稿におけるサヴィニーの法概念第5章 ベトマン=コメント1の内容ならびに第1 草稿と同コメントとの関係第6章 第2草稿におけるサヴィニーの法概念第7章 おわりに――「人間と人間の関係の規則としての法」という法概念の意義―― (以上本号)
本文を読む

https://ksu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=2448&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報