紀要論文 SCM 推進部門の役割を分析する視点 : ラインとスタッフ論とプロセス変革論からの知見
Analytical viewpoints on the role of supply chain management steering department : Insights from line-and-staff and process change theories

中野, 幹久  ,  松山, 一紀

28pp.19 - 38 , 2016-03 , 京都産業大学マネジメント研究会
ISSN:1347-5304
NII書誌ID(NCID):AA1167166X
内容記述
 本稿が焦点を当てるのは,製造業のサプライチェーン・マネジメント(Supply Chain Management: SCM)において,プロセスの変革を企画・推進する「SCM 推進部門」である.ラインとスタッフ論とプロセス変革論の文献レビューにもとづいて,同部門の役割を分析する視点を整理する.  結果,サプライチェーン・プロセスの変革の段階にそって,SCM 推進部門の職能や権限を分析することが有効であることがわかる.加えて,同部門は知識や能力にもとづく権威を持つのかどうか,経営や事業のレベルのマネジメントにどの程度関与しているのか,結局,同部門は何が専門なのか,といった視点も獲得する.
本文を読む

http://ksurep.kyoto-su.ac.jp/dspace/bitstream/10965/1381/1/KMR_28_19.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報