紀要論文 国内自動車メーカーのグローバル生産における原価低減 : 新興国生産,国内生産,部品調達に焦点をあてて
Yielding Cost Reduction through the Monodzukuri of Japanese Automobile Manufacturers : Cost Reduction by the production of Emerging Countries, Production in Japan, and Parts Procurement

伊藤, 進

28pp.1 - 17 , 2016-03 , 京都産業大学マネジメント研究会
ISSN:1347-5304
NII書誌ID(NCID):AA1167166X
内容記述
 世界の新車需要は新興国を中心に増加し,先進国から新興国へ新車需要のシフトが生じ,世界の新車販売台数は新興国が先進国を上回る.また,国内新車市場は少子高齢化,人口減で長期的に減少が見込まれる.そのような経営環境の下では,国内自動車メーカーは長期的に成長が予想される新興国で生産を拡大し,利益を拡大していく必要がある.新興国で生産を拡大し利益を拡大するには各国・地域の異なる車へのニーズに最適に対応すること,高品質の自動車を低コストで生産することが必要である.いい車を安くつくるには,原価低減が不可欠となる.本稿では,国内自動車メーカーのグローバル生産における原価低減というテーマで,新興国生産を通じた原価低減,国内生産を通じた原価低減,および部品調達を通じた原価低減を中心に論じる.
本文を読む

http://ksurep.kyoto-su.ac.jp/dspace/bitstream/10965/1380/1/KMR_28_1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報