紀要論文 ハリウェルの「三匹の子豚」の文化史的読解(その1) : AT124 話型の英仏類話との関連において
A Cultural Reading of Halliwell’s “The Story of the Three Little Pigs” (AT124) and its French and English variants

藤倉, 恵子

49pp.415 - 441 , 2016-03 , 京都産業大学
ISSN:0287-9727
NII書誌ID(NCID):AN0006019X
内容記述
(その1)1.はじめに2.フランス民話とイギリス民話a.参照類話i)フランス語圏類話ii)英語圏類話b.ドラリュによるAT124 話型の物語要素分析c.ハリウェル版の物語形態d.英仏類話の特徴i)家の破壊方法ii)ハリエニシダとシダの示す場所:伝承童謡の世界の象徴iii)家を出る理由と教訓性iv)家の素材の選択と論理性(その2)3.モチーフ分析a.ハリエニシダi)シダのある風景と「赤ずきん」ii)ハリエニシダとイギリス文学b.カブラi)文学のなかのカブラと食文化のなかのカブラii)ハロウィーンとバター攪拌器iii)ハロウィーンとカブラiv)ハロウィーンとリンゴ4.農業革命と産業革命a.カブラとイギリス農業革命b.農村共同体の崩壊:イギリス食文化の衰退c.「こども」を描いた19 世紀文学:「悲惨さ」5.おわりに
本文を読む

https://ksu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1450&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報