Departmental Bulletin Paper 0~3歳児の自然体験遊びについて : 親子の身体接触に着目して

梶浦, 恭子  ,  Kyoko, Kajiura

Description
 戸外の地面や草地の上を散歩するなど,森の自然を体験する遊びに親子で通う乳幼児(0―3歳)は,どのような遊びの世界を展開するのだろうか。 本研究は,乳幼児が,(1)どのように自然の環境(世界)に出会っていくのか,(2)何に触れて関わり,体験し遊び始めるのかを,乳幼児の手(指)や身体の行動(行為・動作)場面の観察から行為・動作の過程を探る。 自然体験に関わる保護者である大人(乳幼児には大切な存在)と乳幼児との関わり,自然物に触れて遊ぶ乳幼児はどのような動きを表すのか,関わるのか,動きに着目して事例を作成した。事例を整理した結果,①大人に抱っこされる行為から,②大人に絡みまとわる行為,③横並びで手つなぎする動作,以上3つの自然の環境に関わる行為・動作について,本研究では言及する。
Full-Text

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1011&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information