紀要論文 M.F.D. ヤングのカリキュラム統合論に関する一考察 : 後期中等教育段階のアカデミック・カリキュラムと職業教育カリキュラムの統合を中心として

矢澤, 雅

内容記述
 本論文は,20世紀後半におけるフォーディズムからポストフォーディズムへの生産体制の変化とそれに伴って生じた分断的専門化から柔軟な専門化へ移行することを踏まえて,イギリスの後期中等教育段階におけるカリキュラム変革について提言したM.F.D. ヤングの理論について検討するものである。とりわけ,アカデミック・カリキュラムと職業教育カリキュラムの統合と,そこに人格形成の問題を関わらせることを意図した彼の理論について明らかにしようとしたものである。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=995&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報