Departmental Bulletin Paper 大学生の看取する「働くことの意味」をめぐる探索的研究 : 大学中退直後のある男性のインタビューを通して

安藤, りか

Description
 本論の目的は,大学中退直後の男性Sの語りをデータとし,大学生が看取する「働くことの意味」の内容とその背景を探索的に明らかにすることである。データは非構造化インタビューによって採取し,質的データ分析手法SCATを用いて分析した。その結果を,「大学中退までのライフストーリーの分析」および「働くことの意味に直接的に関係する語りの分析」に分けて論じた。そして,総合的に検討し,「ちゃんと(大まかに言うと,規範的な生き方)―非・ちゃんと」をタテ軸,働くことの「目的性―手段性」をヨコ軸とする2軸4象限によって,本論としての働くことの意味の構造を示した。最後に,キャリア教育への示唆を述べた。
Full-Text

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=988&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information