紀要論文 ヴェルボトナル法の発展と受容に関する若干の考察

城, 哲哉

内容記述
 ある特定の言語教授法が指導のメソッドとして採用されるかどうかは,指導者個人の判断や教授法への信頼だけでなく,その時代の社会的要請や教育界の動きなど,外的な要因や条件に左右されることが知られている。本稿では,ペタル・グベリナによって創案されたヴェルボトナル法の発展やその受容の歴史を振り返りながら,この教授法が持つ意義や特性について再考する。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=979&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報