紀要論文 日本におけるアニメーション産業の現状と課題 : 制作現場の情報化による可能性

岩出, 和也  ,  山口 翔

内容記述
 日本のアニメーション産業は,2015年には,市場規模が1兆2,542億円に達するなど,年々拡大を続けている。しかし,市場構造の変化などにより,制作現場には疲弊しており,今後の健全な成長を考える上では課題も多い。 この先,日本的なアニメーション表現の多様性を確保しつつ,世界市場に向けてコンテンツを制作・発信可能な形で制作現場の業務フローを改善していく上では,基本的な制作フローの情報化を業界全体として推し進める必要がある。その上で,課題や改善点についての知見を個別に蓄積するのではなく,業界全体として共有する枠組みも重要になると考えられる。本論文では,アニメーション産業全体の市場構成と整理,制作現場がかかえる課題と情報化による事業効率化の可能性を検討する。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=964&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報