紀要論文 ヒトはなぜ赤に反応するのか? : 赤色の機能に関する進化心理学的研究

柴崎, 全弘

内容記述
 古くから,色はヒトの心理面に影響を及ぼすと考えられてきたが,色の効果に関する先行研究は,色のイメージを質問紙で尋ねる形式のものが中心であった。しかし,2004年のアテネオリンピックにおいて,ボクシング,レスリング,テコンドーのユニフォームや防具の色が,選手の勝率に影響を与えたことがNatureに発表されて以降,さまざまな文脈において色の機能に関する研究が盛んに行われるようになってきた。それらの先行研究を展望すると,特に赤色のもつ影響力の大きさが顕著に表れている。しかし,ヒトはなぜ赤に強く反応するのかということの究極要因についてはまだ十分な考察が行われていない。本稿では,赤色の機能に関する先行研究を展望し,進化心理学的な立場から,赤色のもつ特殊性について考察する。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=949&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報