紀要論文 不動産取引安全をめぐる判例動向 不動産登記法改正後の変化 前編

中村, 昌美

内容記述
 登記申請のオンライン化を眼目とする平成16年の不動産登記法大改正から,すでに13年が経過した。簿冊を登記記録とする過去の制度の欠陥,「権利証」を喪失した場合の登記申請手続き(保証書手続き)の欠陥は克服され,登記を通じての不動産物権変動の安全は一応の改善をみた。しかしながら,制度改正の不十分な点・人的な過失の要因で,法的紛争は形を変えて,あるいは変わらず発生している。不動産登記法改正後,特に近時の不動産物権変動をめぐる法的紛争の状況を,検討する。検討判例が相当数あるので,前・後編に分ける。前編は不動産登記法の改正の物権変動への影響を概説し,「権利証」と登記識別情報をめぐる紛争に関する分析を行う。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=945&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報