紀要論文 筋力トレーニングによる筋萎縮からの回復促進効果に関する研究

伊東, 佑太  ,  小倉 崚  ,  水谷 健悟  ,  磯野 真

内容記述
 筋力トレーニングによる廃用性筋萎縮からの回復促進には,筋衛星細胞の活性化とその後の融合による筋線維核数の大幅な増加が関わっていると考えられるが,その詳細なメカニズムは不明である。本研究は,この筋力トレーニングによる筋線維核数の増加に,筋損傷とそれに続く炎症反応が関わっているとの仮説を立てて実験的に検証した。尾部懸垂による筋萎縮モデルマウスに2日間筋力トレーニングを行わせると,ヒラメ筋の筋線維核数が増加する時期に先行して,小範囲の筋線維の損傷が観察された。また,トレーニング開始から2~3日目には同筋に炎症反応としてマクロファージの凝集がみられた。しかし,これらの炎症反応は,尾部懸垂後にトレーニングを行わず飼育したマウスにも観察され,筋萎縮からの回復促進を促すトレーニングに特異的でないことが分かった。以上のことから,筋力トレーニングによる筋萎縮からの回復促進に,筋損傷や炎症反応の出現は特異的ではないと考えられる。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=934&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報