Departmental Bulletin Paper 中級「漢字・語彙」クラスにおける自律学習の実践―日本語コースデザインの改善を通して―

國澤, 里美  ,  梶原 彩子

Description
 名古屋学院大学留学生別科では,2016年度春学期から中級レベルの漢字・語彙クラスを新設した。これは,学習者の初級から中級への移行に際して,特に漢字・語彙面で課題が挙げられてきたことに起因する。秋学期には,学習者自らが自身のニーズを意識化し,必要な漢字・語彙について自律的に学習していくという取り組みを行った。具体的には,①学習者自身が進度や学習範囲を決めて行う漢字学習,②課題遂行型の漢字・語彙学習の実施である。計画の立案・実施・振り返りのために,「学習計画・振り返りシート」「漢字学習の振り返りシート」「自己評価シート」を用いた。また,学習者自身の学習プロセスの意識化および可視化のためにポートフォリオ作成も行った。本稿では,この漢字・語彙における自律学習の実践を報告し,そこから見えた成果と課題について述べた。
Full-Text

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=930&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information