紀要論文 基本動詞「持つ」の多義分析

有薗, 智美

内容記述
 日本語の動詞の「持つ」は,使用頻度の高い基本動詞であり,また複数の意味を表す多義語である。「荷物を持つ」のように,物理的物体を手に収めるという具体的な身体動作から,〈所有〉(「別荘を持つ」),〈負担〉(「費用は会社が持つ」),〈管理〉(「高齢の親を持つ」),〈性質・状態の保持〉(「彼女は才能を持っている」「新たな機能を持つ商品」)など,様々な意味に派生している。本稿では,多義語「持つ」の複数の意味を明らかにしたうえで,それらの複数の意味の関連性を考察し,「持つ」の多義ネットワークとして提示する。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=926&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報