紀要論文 温泉地における訪問者属性の比較論的考察

山本, 真嗣

内容記述
 当研究では,携帯電話ユーザーの位置情報データをもとに,温泉地における旅行者の属性や時間帯ごとの集客状況の推移を測定し,比較する。調査対象地は,石川県内の温泉地(和倉温泉と山中温泉)である。北陸新幹線開業以前(2014年)と以降(2015年)を比較すると,和倉温泉では10月に訪問者数が増加していることが観察できる。一方で,山中温泉では増加を確認することはできなかった。訪問者の属性に着目すると,和倉温泉は比較的幅広い年齢層の訪問者を集めており,20代女性の訪問者が多い。一方,山中温泉では60代以上の高齢者が多く,地元の人々が大きな比重を占めていると考えられる。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=914&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報