紀要論文 大学におけるキャリア教育固有の専門性をめぐる試論 : 政策関連文書を用いた検討

安藤, りか

内容記述
 わが国の大学におけるキャリア教育は,政策主導で開始された側面が大きい。そこで,本論では,大学におけるキャリア教育に多大な影響を与えたと考えられる9件の政策関連文書について,趣旨,キャリア教育の定義,キャリア教育固有の専門性に関する記述を整理・確認し,それらがキャリア教育固有の専門性に関していかなる認識を表明していたかを精査した。その結果,それらの文書に共通する認識として,「キャリア教育固有の専門性は,主に企業経験者とキャリアカウンセラーが有している」「キャリア教育固有の専門性の核心は企業勤務経験である」「キャリア教育固有の専門性は,全教職員による教育活動の総和として発揮される」等が析出された。これらを踏まえ,本論では,政策関連文書は総じてキャリア教育の独立した専門性を不問に付してきたと結論づけた。最後に,今後のキャリア教育固有の専門性構築に向けて,「実践知」と「原論」への注目を提言した。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=876&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報