Departmental Bulletin Paper 昭和前半期における名古屋港から中東への輸出

吉田, 達矢

Description
 本稿は,主に昭和10年代前半における,名古屋港から中東各国・地域(アデン,アラビア,イラク,イラン,シリア,トルコ,バレスチナ,バーレーン諸島)への輸出について考察した。名古屋港から中東への輸出は昭和9年から本格化したといえるが,昭和10年をピークとして,昭和11年以降は減少していった。また,輸出額が多かった順に示せば,アデン,イラク,シリア,イラン,アラビア,トルコ,パレスチナ,バーレーン諸島であった。ただし,名古屋港の総輸出額のなかで中東への割合は僅かであり,当時の名古屋にとって中東は重要な地域ではなかったといえる。また,昭和12~14年においては,輸出品のなかで綿布類と陶磁器が8割以上を占めており,とくに綿布類に関しては一部の例外を除き,昭和12 ~ 14年各年の中東各国・地域への輸出額において半分以上を占めていた。
Full-Text

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=666&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information