紀要論文 CLIL内容重視型教授法の特徴とその効果

市川, 新剛

内容記述
本稿の目的は,CLILの特徴と学習効果について明らかにすることである。はじめに,他の内容重視型教授法と比較しながら,CLILのコアとなる4つのCと評価方法について概観し,言語能力への学習効果について先行研究をもとに検証した。検証の結果,CLILは目標言語での対人コミュニケーションの機会を多く提供することで,受容スキルや産出時の流暢さの向上,学習者が目標言語の使用することへの抵抗感を減少させる効果があることが明らかになった。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=615&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報