紀要論文 戦時下のトヨタ自動車工業 ―軍需動員としての航空機事業への進出―

笠井, 雅直

内容記述
トヨタ自動車工業の創業者であった豊田喜一郎は,それまでの豊田の事業が基盤とした綿業中心からの転換を図るべく自動車事業に参入し,挙母町に広大な用地を確保し,自動車の大量生産の体制を構築するのであるが,その一方で,航空機に関する試行も継続していた。トヨタ自動車工業は戦時下,陸軍からの要請により川崎航空機工業と共同で東海飛行機を設立し航空機分野に参入するが,その生産は企業整備の対象となっていた旧中央紡績の工場を活用したものであり,トヨタ自動車工業の挙母工場では自動車生産に集中していた。豊田喜一郎の志向は民需用の航空機にあった。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=606&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報