紀要論文 生活を通して人間は何を獲得してきたのか―「自己家畜化現象」「獲得形質という概念」「共生概念」の再検討―

木村, 光伸

内容記述
人(ヒト)は自己人為選択という生物の中でも人類に特有の機構的変化を用いて自らを社会化し,形態的変化の少ない進化形として自己家畜化の道を歩んできた。そのプロセスを考えると,外的環境と自己の主体性の有機的な相互関係を想定することが,もっとも人類進化をわかりやすくする。ところがこのような考え方は,獲得形質の遺伝として,検証なしに否定されてきた概念であり,現代科学には受け入れる余地すらない。しかし,生物細胞が外的環境にさらされることによって,容易に変化したり,初期化される可能性は本当にないのだろうか。進化の長大な時間と人間の主体的変化を個体レベルではなくて,種の概念と人(ヒト)の自己家畜化現象という概念で再考察してみる。
本文を読む

https://ngu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=602&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報