Departmental Bulletin Paper キャッシュ・フロー計算書の作成方法─ 間接作成法とその構造 ─

幸田, 威久矢

(51)  , pp.57 - 70 , 2015-12-24 , 八戸学院大学
ISSN:2187-8102
Description
キャッシュ・フロー計算書とは、企業の一会計期間におけるキャッシュ・フローの状況を一定の活動区分別に表示する計算書であり、導入されてから15年が経過した。近年の企業を取り巻く環境の変化に伴い、以前よりキャッシュ・フロー計算書の持つ役割・重要性は高揚してきている。そんな中、キャッシュ・フロー計算書の表示方法は、直接法と間接法の選択適用が認められているにもかかわらず、ほとんどの企業が間接法を採用している現状がある。そこで本稿では、キャッシュ・フロー計算書の作成方法の一つである間接作成法を用いることで、直接法にて挙げられている問題点に関係なく、どちらの表示方法についても同様に作成できることを示すとともに、その構造に関して検討を行う。
Full-Text

https://hachinohe-hachitan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=303&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information