紀要論文 郊外型住宅団地の課題と電子エコマネーの可能性─ 青森市・幸畑団地の事例 ─

石橋, 修  ,  櫛引, 素夫  ,  柏谷, 至  ,  佐々木, てる  ,  田中, 志子  ,  小久保, 温  ,  坂井, 雄介

(51)  , pp.1 - 11 , 2015-12-24 , 八戸学院大学
ISSN:2187-8102
内容記述
1960年代から1970年代にかけて造成された全国各地の郊外型住宅団地の人口減少や、コミュニティーの衰退が大きな課題となっている。青森県内でも多くの郊外型住宅団地の高齢化や人口減少、空き家の増加といった問題がクローズアップされている。これらの現象への抜本的な対策は容易ではないが、全国的にも住民が自助でコティーを維持・再生する取り組みや、共助・公助へと拡げる動きも加速している。本稿では、その一例として青森市の幸畑団地を取り上げ、2013年に本格的にスタートした地域再生の取り組みを報告、検証する。さらに住民間の協働を促進する新たなアイテムとしての「電子エコマネー」の試行について、概要と展望を報告するものである。
In all areas of Japan, the decrease in the number of residents of suburban multi­unit apartment housing that were created in the 1960s and 1970s, along with the ensuing decline of local communities, have become major issues. Even in Aomori prefecture, issues concerning the increase of the number of elderly as well as the decrease in the number of residents of suburban multi­unit apartment housing are factors that have contributed to the increase of unoccupied housing.There is no simple strategy to counter this ensuing phenomenon. However, residents nation­wide are dealing with maintenance and restoration of community themselves, and the expanding efforts of residents’ cooperation and government assistance are also accelerating. This paper will inspect and report on the specific example of the regional rehabilitation of the Kobata multi­unit apartment in Aomori City, a program that started in 2013. Furthermore, this paper will summarize and report on the prospects of a new “electronic eco­money” idea that promotes the cooperation of residents in this area.
本文を読む

https://hachinohe-hachitan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=300&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報