研究報告書 被災地でのボランティアにおけるケアリング学習プログラムの検討

中島, 佳緒里

2016-06-20
内容記述
日本赤十字豊田看護大学
本研究の目的は、災害ボランティアに参加する大学生を対象に、コミュニケーション学習プログラムを作成することである。まず、被災地でのボランティアを体験した6名のコミュニケーションの特徴を質的にとらえ,被災者を傷つけてはいけないという過剰な他者意識を持っていることがわかった。次に,スキル・トレーニングを12名におこなった。効果は、ENDCORs、ビデオ視聴時のスキルの使用と自律神経活動、参加者の自己評価によって確認された。トレーニング後は、ENDCORsの「解読力」「自己主張」が有意に高く効果が認められた。一方、自己評価が高いにも関わらずスキルの使用が低いものがおり、自己評価がパフォーマンスを反映していないことが窺えた。
The purpose of this research is to make a communication learning program targeted for the college student who participates in a disaster area volunteer. First the feature of the communication was analyzed from 6 students who went to a disaster area. They thought that their communication isn’t supposed to injure a people in disaster area. Next, skill training (aggressive listening) was performed for 12 people. ENDCORs confirmed the effect of the training using the skill which is at the time of video watching, autonomic nerve activity and own evaluation. “Decipherment power” and “self-assertion” of ENDCORs scores was high significantly after training. On the other hand, though own value of aggressive listening was high, there were low use of a skill. We judged to have had the effect of training, but we thought own evaluation didn't reflect an actual performance.
本文を読む

https://rctoyota.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=206&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報